「ほっ」と。キャンペーン
2014年 04月 13日

こういう馬鹿を罷免する方法はないものでしょうか。


Twitterで画像を見る

4月4日、朝日新聞にこのような広告が掲載されました。明らかなヘイトスピーチで、このような広告の掲載自体許されないと考えます。本日、朝日に対して掲載の経緯を明らかにするよう内容証明を出しました。

(引用ここまで)

「どの面下げて韓国人」この本の題名がヘイトスピーチだということらしいです。

ヘイトスピーチ自体そう明確な定義があるわけではないようですが韓国人の本国における言論を見る限り完全に許されるものと思います。

さらにこれを問題にするならば当然著者である豊田有恒氏に対する批判であるべきです。

これで内容証明というならば何かの訴訟を起こそうとでもいうのでしょうか。

朝日とすれば本の題名をそのま転載しただけでありましょう。迷惑な話です。


小生は豊田氏を別に好きでもありませんが長年にわたり読む機会に恵まれました。昭和のうちは韓国のよき理解者であろうと努めていた節がうかがえます。


しかし20年くらい前からその立場を変えました。正直戸惑ったものですが、ようやくわかったかと安心したものです。


氏の主張をみると絶望感があふれています。小生などはヘイトというよりは憐みを感ずるほどです。


それはともかくとしてこういう馬鹿を何とかする方法はないものでしょうか。聞けばこの馬鹿、事故に対する批判はすべてシャットアウトしたらしい。


朝日はこのようなおバカの主張はシャットアウトすればよろしい。

この馬鹿にはそれが一番正しいでしょう。


弁護士というのはいま大変なのでしょうね。何とかネタを作ろうとしてるようです。世の中にはもう少し重大なことがあるのだということを分からすには少し馬鹿の度が過ぎているのでしょうか…





[PR]

# by kazkpowerfull | 2014-04-13 21:04
2014年 04月 13日

問題は根深いぞ

遍路道:韓国出身住職に“苦情” 差別貼り紙に同調の電話

毎日新聞 2014年04月12日 18時32分(最終更新 04月12日 18時52分)

 韓国出身の伝統舞踊家で十三番札所・大日寺(徳島市一宮町)の住職を務める金昴先(キム・ミョウソン)さん(56)の元に、札所などに貼られたハングル文字のステッカーに対する“苦情電話”が相次いでいる。四国各地の遍路道で見つかった「朝鮮人排斥」を主張する貼り紙に同調する内容だという。

 金さんによると、電話は8日ごろから掛かり、11日には少なくとも男女2人から何回も電話があった。

 中年とみられる女性は県内在住と名乗ったうえで、「(四国各地の札所で)ハングル文字を見るたびに気分が悪い。なぜ勝手なことをするのか」などと主張。別の男性は「お遍路は日本の文化。いろんなところにシールを貼って回るのはおかしい」と話したという。この男性は電柱やカーブミラーなどに無断でステッカーを貼る行為は違法で景観を損ねるとも指摘。金さんが支援し、外国人初の「公認先達(せんだつ)」に認定された崔象喜(チェ・サンヒ)さん(38)=ソウル市=の活動を指しているとみられる。

 金さんは、無断でステッカーを貼る行為は認められないとしたうえで、「お遍路は世界遺産を目指している。『ハングルだから』などという狭い考えでは世界からお客さんを迎えられるか心配だ」と懸念している。【阿部弘賢】

1385578_535951156473829_1340323075_n

http://mainichi.jp/select/news/20140413k0000m040019000c.html

(引用ここまで)

このお遍路ハングルステッカー事件はもはや既報と言っていいでしょう。

ハングルのステッカーはこれ



小ブログ主はお遍路について何らの意義を認めるものではありませんがかかる宗教上の行為は尊重されねばならないと思ってます。これは人の思想信条に根差すものでありそれは他社に害をなさない限り尊重されるべきものだからです。

お遍路は良くは知りませんが歴史的な意義があるもの菜緒でしょう。となるとその雰囲気までも含めて宗教的なものでありましょうからかかるステッカーを張ること自体が宗教的な冒涜になりかねないという気がします。

最初はこのようなステッカーをはがせという主張の張り紙が差別だといってマスゴミが騒いだのでした。

でも今はこのような報道が出るに及んで情勢は変化したのでしょうか。


この住職のFBがあります。内容はこんなもの



こんな主張をする方々のお仲間のようです。

dc2d3cc9bb4cf20846e3ba38279a04be

17e56e64bc4c28479ca202238c56cdcd


中身は自動翻訳のせいかよくわかりませんが日本列島は百済人たちが開拓したのだから韓国人のものだとでもいう主張のようです。

小生は、韓国朝鮮人の実態を知ってからかかる連中とは付き合いをやめるべきだということを完全に自己の主張にしています。なぜならば彼らは自己の主観に基づいて世の中は存在するべしとする思考の持ち主です。

そして同時に強烈な自民族至上主義の徒です。そして彼らは日本人に対して何のいわれもない優越感を持っています。それは国籍や出生地などには関係ない最大限に優越されるものであり所属する国家を超越するものらしいのです。

こういう人々とは相互理解も融和もできはしないということだからです。これが今から30年くらい前ならばまだ変わりつつあるのかなと思ったこともありましたが、完全に幻想でした。

世の中には知れば知るほど嫌いになるという珍しい国があるのです。

ですから一段と大きな声で唱えなければなりません。

日韓断交と


[PR]

# by kazkpowerfull | 2014-04-13 20:33
2014年 04月 06日

この発言どこが問題なのだろう?

【茨城】 消防士「火災ってマジ勘弁」と投稿 ツイッターに

2014/04/05(土) 15:22:08.53
茨城県笠間市の笠間消防署に勤務する20代の男性消防士が1月にあった出初め式の前夜、火災現場に出動し、ツイッターに「明日出初なのに23時から今まで火災ってマジ勘弁」と投稿していたことが5日、市への取材で分かった。消防士は市消防長から文書注意処分を受けた。
 市によると、消防士は1月4日深夜~5日未明、市内で住宅火災の消火活動をした。5日午前4時40分ごろ消防署に戻り、携帯電話でツイッターに投稿。
出初め式準備のため午前7時半ごろに再び集合予定だった。

 投稿に気付いた市民から14日、市役所に連絡があり、消防士は同日中に投稿を削除した。
47NEWS
http://www.47news.jp/CN/201404/CN2014040501001516.html

(引用ここまで)

 消防署というところの勤務体制はよく知りませんが、前日深夜から早朝にかけて消火作業をやった上に午前7時に集まり出初式準備だという形になれば普通は「マジ勘弁」でしょう。

消防士なのに火災を勘弁してくれという、というのは職業倫理上の問題なのかもしれませんが別に職務放棄したわけでもない、こんなものを問題にするほうがおかしいでしょう少なくとも3ヶ月は誰も問題にしてません。この問題、出初式がどのように行われたものか知りませんが、出初式は消防署としては重要な行事ではあるでしょうが、その最中に大規模火災や事故が発生したならばそちらが優先というのも当然でしょう。


火災の消火を優先させるのも当然、その上である意味自重要さがない行事準備に従事させられる、その身になればこれを問題にする意味が分かりません。かかる場合には少し休息を与え、他のものを出すとか急な火災で問題があるから出初式の時間変更とかいろいろな対応は可能なのではないでしょうか。


小生は消防署の勤務管理を問題にしてるのかとも思いました。おそらく出初式の最中も一部の消防官は待機してるはずですから人的な余裕が無いとは考えられれません。


消防官にしてみなくとも火災は本来的にはないことのほうが良いものです。だれだって火災は勘弁です。


逆に言うならばこの状況で出初式の準備にかかるというのは正直可愛そうだなというような意味での記事があったっていいくらいです。

こんな事どうせまたおせっかいな「市民」と言われる連中でしょう。


こういう連中のほうがよほど困った存在です。


[PR]

# by kazkpowerfull | 2014-04-06 12:20
2014年 04月 02日

ようやく出てきたか あれ?これその前の事故じゃん。

【インドネシア】韓国鉄鋼大手ポスコ製鉄所で何が起きているのか…銑鉄流出に続くガス管爆発[3/31]


◆ポスコのインドネシア製鉄所で何が起きているのか 

韓国鉄鋼大手ポスコが海外に初めて設置した一貫製鉄所で、インドネシア国営のクラカタウ・スチールとの合弁会社クラカタウ・ポスコは、今年1月1日に突然操業を停止した。昨年12月23日に当時の鄭俊陽(チョン・ジュンヤン)会長やインドネシアのユドヨノ大統領が出席する中、製鉄所の火入れ式を行ってからわずか9日目での大型事故だった。当時事故をめぐる情報が広がると、ポスコは「工場稼働初期にはよくあることだ」と説明した。しかし、3週間もたたない今年1月19日に再び事故が起きた。今回は作業員がガス供給バルブの操作を誤り、ガス配管で爆発が起きた。ガス供給が止まれば、高炉の稼働に欠かせない熱風を高炉に供給できなくなり、それによって高炉が冷えてしまうという最悪の状況も予想された。そうなれば、高炉を解体しなければならないほどの全面補修が必要になる。

これにより、インドネシアの一括製鉄所の稼働は、2カ月以上遅れたことが分かった。ポスコ関係者は「事故による被害額が少なくとも1000億ウォン(約96億円)を上回るとみている」と述べた。業界の一部からは、被害額が最大5000億ウォン(約481億円)に達するとの見方も出ている。

権五俊(クォン・オジュン)会長も今月14日の就任直後「クラカタウ・ポスコによる年60万トン程度の生産に支障が出ているため、黒字達成は困難」との見通しを明らかにした。 

■銑鉄流出に続くガス管爆発発

本紙の取材によると、2回目の事故は銑鉄(せんてつ)流出事故を収拾する過程で起きた。当時は最初の事故で亀裂が生じた出銑口を修理し、再稼働に向け高炉に熱風を吹き込む準備をしている状況だった。配管にガスが流入し過ぎて、爆発が起きた。ロシア人監督者とインドネシアの現場作業員の意思疎通に問題があったことが原因だった。ポスコ幹部は「自動でガス流入量を調節するバルブを未熟練者が主導で誤操作し、問題が生じた。作業員の教育がうまくできていなかった」と説明した。

 ガス爆発よりも深刻な問題は、熱風の吹き込み口が詰まり、高炉の温度が低下すれば、銑鉄が固まってしま う危険性があったことだ。半固体状態となった銑鉄が再び吹き込み口を塞ぐという悪循環が起きた。高炉が完全に冷えきれば、高炉をいったん消し、内部にある 鉄鉱石と無煙炭などを取り除いた上で、再稼働を行う必要がある。そうなれば、稼働再開が6カ月以上遅れかねない事態だった。ポスコは2回目の事故当時、光陽製鉄所副所長のハン・ギウォン常務(現ポスコ建設常務)ら専門技術者を派遣し、ようやく復旧にこぎ着けた。

■なぜ事故は起きたか

  ポスコは今月7日、クラカタウ・ポスコでスラブ(厚鋼片)の出荷を開始したことを明らかにした。最初の事故発生から約2カ月が経過していた。ポスコは一連 の事故に関連し、「支援委員会」を設置した。事故の詳細な調査と正常操業の支援を行う組織だ。ポスコ幹部は「まだ最初の事故の正確な原因を特定できていない。現在はクラカタウ・ポスコの最終製品基準で(生産能力の)50%程度まで正常化したといえる」と説明した。

 ポスコの現地下請け業界では、同社が海外投資の成果を上げるため、クラカタウ・ポスコの建設工事を急ぎ、その結果さまざまなミスが発生したと指摘している。現地の工事関係者は「ポスコから渡された設計図を見ると、工事が難しいほどでたらめなものだった。工事期限も設定できず、資材の供給にも問題があった」と振り返った。

 こうした中、クラカタウ・ポスコの手持ち資金がなくなり、ポスコが近く増資を通じた資金支援を行うとの見方が出ている。ポスコは今年4月末か5月には正常な稼働が可能だとし、「最悪の状況からこれだけ復旧できたことも、ポスコの技術力を示している」と主張している。

チョ・ジェヒ記者


朝鮮日報 2014/03/31 08:37
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2014/03/31/2014033100577.htm

(引用ここまで)

ようやく出てきた朝鮮日報のポスコの事故関連ニュースです。


韓国人に物事の正確さを求めるのは間違いだということは重々承知してますが、お前ら前の記事くらい読んどけ。

見出しはこうじゃ。

2014/1/20 08:07 朝鮮日報 
「国際的な恥」 ポスコ一貫製鉄所、稼動2日で全面停止

忘れたのか計算ができないのかまたはその両方のうちどれかでしょう。

朝鮮日報は記事が1週間しか読めません。なぜそうなのかは分かりませんが想像はつきます。こういう恥を平気で晒すからです。

彼等がえらいと思うのは(単に抜けてるだけとも言えますが)この記事の検索はできて見出しが分ってしまうことです。


記事の内容は去年12月の事故についてです。

内容は笑韓流家元のご隠居様のところをご覧ください。

http://ameblo.jp/nobody0728/day-20140120.html


この記事は1/20付ですが3/31付の記事では1/19に二度目の事故を起こした後に記事にしています。この辺りの芸の細かさは見習う必要がるでしょうか。

要は彼等は情報を小出しにしてるということです。そして特集の感覚なのでしょうか。

1/21付でまた記事を出してる。

内容は尊敬する短足おじさん2世の所をどうぞ。

http://tansoku159.blog.fc2.com/blog-entry-892.html


この後まともな続報はありませんでしたが、3/22、3/26に大きな火災を伴う事故があった当現地報道があったことは知られています。

現地報道のまとめは以下の通り。

http://honnesia.doorblog.jp/archives/36745474.html

http://honnesia.doorblog.jp/archives/36852577.html


この時の内容は一節には水蒸気爆発と言われておりこれならば炉の破壊を伴いかねない大事故です。

この状態で出銑できるというだけで驚きですがそれで50%の回復?

一体どうなってるのでしょうか。


記事によれば60万トンの生産に支障ということが言われていますが、これは年間300万トン農地の2ヶ月分ですから普通考えれば高炉停止期間中のものでしょう。

その後50%でなぜに60万トンの減産ですむの?


東亜関係者が3月の事故に注目してるのは去年の事故は韓国マスゴミが報道したがこの記事は完全に報道管制がしかれていたからです。

よほど自体は悪いということしかいえない。

インドネシアという国は開発独裁国ですから先進諸国のような報道の自由なぞはないと言って良い。


ある国が一環製鉄所を持つというのは実はそれだけで大事業ですが、インドネシアはこの件で大きな痛手を被ることになるでしょう。


昔から考えてることなのですがいわゆる大国になれるのは資格があると思ってます。

自国で技術を開発しそれを産業化し1つのシステムをつくり上げることの出来る国家というのはいくつもないということです。欧米では英米独仏露、アジアでは日本、これのみと言ってよいでしょう。


新興国などといいいますが技術導入があっても良いですが1世代のうちに自分のものと出来た連中がどれだけいるでしょうか。


形だけはもちろん真似ることが出来ます。しかしそこから新しいイノベーションを生み出すということが出来たのはいかほどか・・・ロシアは一度社会主義で馬鹿やってますからこれは20世紀初頭の5大国と同じという馬鹿な構図です。


おそらく余程の努力をしないと新興工業国は大国とはなれないでしょう。


そして特亜諸国に物を教えても結局は世界の幸せにはつながらないということがだんだん事実として分かり始めています。

国家には品格があるのです。認めたくいないでしょうが。




[PR]

# by kazkpowerfull | 2014-04-02 11:48
2014年 03月 30日

分ってたことだが、ほら見ろ

甲状腺がん、福島は他県並み 環境省の比較調査

 環境省は28日、東京電力福島第1原発事故による福島県の子どもの健康影響を調べるため、比較対象として青森、山梨、長崎の3県の子どもの甲状腺がんの頻度を調べた結果を発表した。「対象者数が違うので単純比較はできないが、福島と発生頻度が同程度だった」としている。

 環境省は2012年11月~13年3月、青森県弘前市、甲府市、長崎市の3~18歳の計4365人を対象に、甲 状腺の結節(しこり)などの有無を調査。福島と同様の56・5%に当たる2468人に5ミリ以下のしこりなどが見つかったほか、44人に5・1ミリ以上の しこりなどが見つかり、2次検査が必要と診断されていた。2014/03/28 20:24   【共同通信】

(引用ここまで)

なんか、共同通信はベタ記事扱いですがこれって重要でしょう。

因みに環境省の報道発表資料のうち重要と思われる調査結果を貼っておきます。


(1)概要

対象者数(平成24年度) 4,365人
B判定もしくはC判定とされた者 44人
(うちC判定 0人)
結果確定数 31人
甲状腺がんもしくは甲状腺がん疑いと診断された者 1人
(うち甲状腺がん疑い 0人)
《参考》福島県民健康管理調査の結果 平成25年12月31日現在
対象者数(平成23年度~平成25年度) 269,354人
B判定もしくはC判定とされた者 1,796人
(うちC判定 1人)
結果確定数 1,342人
甲状腺がんもしくは甲状腺がん疑いと診断された者 74人
(うち甲状腺がん疑い 41人)

(2)調査同意者(31人)の内訳

判定結果 判定内容 人数(人) 割合(%)
A判定 (A1) 結節やのう胞を認めなかったもの 4 11 12.9 35.5
(A2) 5.0mm以下の結節や
20.0mm以下ののう胞を認めたもの
7 22.6
通常診療等
(※)
5.1mm以上の結節や
20.1mm以上ののう胞を認めたもの
20   64.5
うち、細胞診の受検者 2  


《参考》福島県民健康管理調査の結果
平成25年12月31日現在
判定結果 判定内容 人数(人) 割合(%)
A判定 (A1) 結節やのう胞を認めなかったもの 83 471 6.2 35.1
(A2) 5.0mm以下の結節や
20.0mm以下ののう胞を認めたもの
388 28.9
通常診療等
(※)
5.1mm以上の結節や
20.1mm以上ののう胞を認めたもの
871   64.9
うち、細胞診の受検者 369  
※A1、A2は一次検査基準の範囲内であることが確認された方(甲状腺に疾患のある方を含む)。
※通常診療等とは概ね6か月~1年後に経過観察(保険診療)する方及びA2の基準値を超える等の方。

【引用ここまで】

共同通信はまたお得意の報道しない自由を駆使し内容をぼかしてますが環境省のHPを見ればその内容は一目瞭然。

どう見ても変化なしです。


まあ放射脳の御仁はこれを見ても色々文句をつけるのでしょうし調査の信用性がなんたらかんたらとか言い募ることは確実ですから相手にしません。

先日もエントリーしたように韓国での甲状腺がん騒動を見ても明白だったのです。馬鹿としか言いようがない。


日本人は福島以前にも被爆体験があります。言わずと知れた広島長崎です。

ここで急性被曝の症状は基本白血病であるということを知悉してました。だから小生などはなんと言おうと白血病が怒らない限りそう大きな問題はるまいと思ったものです。まあ原発特有の問題は放射性ヨウ素の大量排出でしたがそれが問題になるとすればチェルノの所見からでも最低5年後くらいからです。

そしてかの地域は典型的なヨウ素不足の土地、影響は過大になったわけです。ところが日本人はこの辺りが全く違います


科学を信じろとは言いませんが、科学の明示する所を拠り所にしなければ何も始まらないでしょう。


放射脳の民は中世を生きる人々です。少しはまともな議論はしていただきたいと思います。




[PR]

# by kazkpowerfull | 2014-03-30 20:17